先日のブログで・・・

フランス園芸協会(ヴェルサイユ地区)協会長ご夫妻のご案内を・・・

なんとっ! お茶席に先ずは・・・
私は一応正客に とのこと。  
急いで またまたギリギリセーフのパターン 始まりました。
知合いのお茶の先生に「正客の振る舞いを教えてぇ〜ください」
教えていただきました。
扇子の使い方・挨拶の仕方・にじり口の入り方
お茶・お菓子のいただき方・・・など 
実は・・・昔昔その昔? 表千家の台天目まで勉強した経験が。
でも そんな昔の記憶は忘れ去られ でも必要になる時が・・・
とにかく 明日は目前 トライあるのみっ♪

日本文化の奥ゆかしさ「わび・さび」など きっとご夫妻は日本文化を
愛されてあるとのこと。 今から楽しみです。
明日のブログで詳しくは・・・♪

今 歴史ある「二日市温泉街」にて「おんせん花展」開催中です。

「こまつ千寿」奥の蔵ギャラリーに 空間演出 試みました。

蔵に入って 感じるままに製作・・・

          アレンジ

「無」の境地で 感じるままにアレンジ
完成は 自分の中で イメージがストップすれば 手も止まり

題もなく 花材名もおかず ただ 蔵という歴史が刻まれた空間で
感じて欲しいと思いました。

「心が動く」・・・確かに生きている証だと感じる瞬間。

人間として生まれた感性 感じるということ 考えると・・・
   人間に生まれてよかったぁ〜 などと感じながら私の心も動きます。

フラワーアレンジを始めて最近楽しいっ♪
  ・・・と言われる井村さんの作品 そして製作光景です。

花展 花展
テーマ:「楽しい時間(とき)」

           花展

彼女は製作後 今度は受付嬢へと変身っ!

町家カフェ「茶の子」の雰囲気に合わせた 和のアレンジ完成です拍手
作品は「茶の子」入口前の左側の棚に。 素敵ですよっ♪

いよいよ「第1回おんせん花展」スタートしましたっ♪

           蔵
「こまつ千寿・蔵ギャラリー」の杮落としとして・・・
蔵の空間演出 静寂の中にもフレッシュな生命の息遣い
感じていただきたくて 緑の空間 創作しました♪
花材:ナナカマド・ウイキョウ・スモークツリー・シャガ・ドラセナコンシンネetc
Jazzを聞きながら・・・

蔵 蔵
蔵の全体 そして・・・左角にはアレンジをセット
花材:ウイキョウ・ベゴニア・スモークツリー・カレックス・ナナカマド

次は「茶の子」展示作品
先日 よっちゃんから届いた花材を主にアレンジしました。
蔵 蔵
どれも珍しい花々。とにかく素晴らしい花材ですっ♪
特に アマランサスのグラデーション もううっとりです。

さて 「第1回おんせん花展」受付などの光景ですっ!
受付 受付
受付は「旧バーデンハウス」 希少な植物「紫草」の展示も♪
  そして中では「昔の二日市:写真展」同時開催です。

地図 案内板
この地図を見ると・・・楽しく回れますよ♪
句碑も多いいのでお見逃しなく。 この案内板見て「こまつ千寿」へ。

川
昔の二日市温泉 道路の中央には「川」が・・・「川湯」もあったそうです。
今は道路の下を流れてます。とてもきれいな川の水ですよ。
     耳を澄ますと・・・流れる音がっラッキー

さてさて・・・皆さんの作品をご覧下さい。
会場 
「ビジネスホテル舞鶴荘」玄関前 生花アレンジ
     諸江さん テーマ:自然の息吹

会場 会場
アイビーホテル玄関入口 生花アレンジ
     鈴木さん・三浦さん・金さん 三人による合同作品
     テーマ:友情のかけ橋
ボトルフラワー倶楽部主宰の塚園先生の作品は さらに中に入って左に♪

会場 会場
左画像:「茶の子」入口 生花アレンジ
     前田さん テーマ:イ・ジュンギへの熱い想い
  韓国の俳優:イ・ジュンギへの想いを花に託して表現♪
  バラの配置は・・・そうですっ ハートに♪
右画像:「茶の子」ギャラリーコーナーに
    先日届いた「よっちゃん」からの花材
    ホワイトチョコ・オレンジチョコなどでアレンジ
  あまりにもかわいいので 2日目には「写真展」会場で
  ご来場の方々に見ていただこうと思ってます。

夕方から ケーブルTVの取材が・・・
         取材
  塚園先生のインタビュー光景(こまつ千寿にて)
  私は「蔵ギャラリー 作品前にして・・・放映は6月25日夜7時〜

<お知らせ>
*ボトル容器を取り扱ってある「室園フラワー工芸」より
   スタンプラリー当選者への賞品をご提供いただけることに♪
*「茶の子」「キッチンカフェ」店内の壁面に
  ちくちくの仲山さんの作品が展示されてます。

ご来場 心よりお待ちしておりますっ♪

      光を鏤めたフラワーデザイン
          シャイニングフラワー
「シャイニングフラワー」(商標登録)
ブーケ及びブーケホルダ(特許出願中)
花業界・アジア最大の商談会「国際フラワーEXPO」に出展予定ですっ!
rogo

さぁ〜っ!多くの方々に「シャイニングフラワー」の魅力を
お伝えできるチャンス到来っ♪
Tryあるのみラッキー

展示作品製作は・・・またまたぎりぎりセーフ?
新たなチャレンジ始動は夏からの予定ですっ!

★「シャイニングフラワー」という言葉・文字 そして感動が
    飛び交う日 来ることを願って・・・★

ケニア
Sceneイベント「ケニアの魅力」先程 無事に終了しました。

西鉄二日市駅ホームから 永松さんより到着連絡が入り
そのまま 夕食をご一緒に♪
行き先は ご近所の「菜々家」
もう 出る品出る品に 永松さん感激され「美味しいっ!」の連発。
嬉しい!と 本当に喜んでありました。
ケニア
菜々家のママさんとスタッフの方と永松さんです。
スタッフの方は韓国の学生さん 「アニョンハセヨ〜」

食後 早速Sceneへ・・・
駐車場の案内板 墨で製作しました。
ケニア
近くの空き地を使用。よかったぁ〜!
ケニア
ウェルカムボードをケニアのイメージで。
シマウマ模様に 感激されてました。
ケニア
受付けは シマウマ模様をプラス。

ケニアケニア
講演はスクリーンに写った数多くの画像を見ながら
ケニアのこと マサイのこと 永松さんのことなど
あっという間に講演時間終了へ。
成人になるまでの戦士時代 男性は長い髪に全ての思いを込めて
なんだか 日本の武士道と相通じるもの 感じられます。
長老を敬う その姿勢 日本では次第に欠如傾向に。
また 森の中で いかに森と共に生きていく知恵を学ぶ時間。
色々と考えさせられる 貴重なお話でした。

枯れ草を敷いた感じです♪
ケニア
スクリーン横のアレンジ。
ケニアケニア
30分 質疑応答。皆さん色々と質問を。
マサイ族の方々はご自分達の文化も守りながら
他の国の文化を自然に受け入れるという かなり進歩的な民族。
感情の起伏が殆どなくて いつも淡々としてあるそうです。
気候と国民性はかなり深い関係が・・・
ケニアの気候は 雨季と乾季の2季節 からっとした気候とのこと
それで淡々とされてあるのでしょうか。

講演終了後 一緒に写っていただきました。
ケニア
サバンナイメージで 枯れ草を敷き キャンドルの灯りを所々に♪
天井には 赤・黒の布を。
ナンテンハゼを布の上に バランスよく乗せて・・・

28名のご参加
狭い店内もギューギュー詰めに。
でも 「秋の夜長に・・・とっておきのお話」にピッタリのテーマでした。

永松さんのバイタリティーは桁外れ。
明日から エジプトへ行かれるとのこと。
今 マサイに学校建設の活動を展開中。
世界平和を常に 考えてある永松さんでした。

いよいよ 今週木曜日に ケニア・マサイ族に嫁がれた永松真紀さん
Sceneへ♪   

秋の夜長に・・・とっておきのお話 
定員になりましたので 締め切らせていただきます。

ご予約いただきまして ありがとうございました♪

当日の様子 またブログにて公開させていただきます。

永松さんはParisからのメールでは6日に 日本へ帰国とのこと。

11月8日(木)の会場はサバンナへと!

実は・・・まだ準備が冷や汗(いつものバタバタになること確実!)
それが また楽しいんですけど♪変な癖なんです。


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM