今日は・・・臨時休業

途中 目が覚めて 携帯を見ると・・・20:15
えっ? まだ こんな時間っ!

やはりPCの前に TVのニュースも見ながら・・・

動かないと 病気になる? 勝手に解釈し動き出しましたたらーっ

さて・・・ 今 地域の活性化活動を 個人的に実践中ですが・・・
先日 目から鱗状態になるような お話 聞きに行ってきました。
「1300年前のハイウエイを探るー古代官道ロマンー」
       官道
今から1200年も昔の8世紀の奈良・平安時代、鴻臚館と大宰府政庁を結ぶ2本の直線道路が既に整備されていた!

地域の活性化には このような広域的な展開 背景にあると 
  行政の枠を超えて 一気に活性化するヒント 見つかるのではないかと
感じました。

目から鱗状態にっ!

お久しぶりですっ!

先日からお知らせしてました「秋の夜長のおはなし会」
無事に終了し 皆様を見送り 坪庭の前で・・・
玉泉館玉泉館
今回の企画 とても参加者の方から喜ばれ
  また このような企画を是非お願いします などのご意見も。
            
今回の参加者は 主催・講師含めて 全員で29名(男性12名・女性17名)
参加者の中には ご夫妻・親子・お友達同志・お一人など色々
   このご縁に感謝ですっ! ご参加ありがとうございました。
また 毎日新聞社の記者の方もご参加に。新聞掲載も楽しみです♪
講師の久芳康紀氏(筑紫野市観光協会会長)のお話しは 続き・・・
約1時間後から 夜食が始まりましたモグモグ
約73年前の建物「大広間」でのお話し・お食事 格別ですっ!
玉泉館玉泉館
皆さん夕食を済まされてからの企画なので 画像は 夜食です。

「紫」をキーワードに・・・ 今 筑紫野市では「紫プロジェクト」
ここ二日市温泉街でも活性化プロジェクト動いてます。
「紫黒米」を材料に「紫のおにぎり」 そして温泉も「紫の湯」
皆さん とても和やかに 秋の夜長を楽しんでいただきました。
結局 最後に残ったのは5〜6人 久芳会長を囲んで熱燗
夜中3:30頃 各お部屋へ
翌日 「大広間」で朝食を。 かなりのご馳走でしたよぉ〜♪
もずくが入ったお味噌汁 皆さん珍しがってありました。

無事に「秋の夜長のおはなし会」終了。
ご協力いただきました 筑紫野市観光協会・筑紫野市商工会・西日本新聞社
そして 玉泉館の皆様 大変お世話になりました。
ありがとうございましたっ!
歴史ある「二日市温泉」 温泉街の風情 景観など 
   いつまでも 感じられること 願いながら・・・

さて・・・11/7(土)〜8(日)の2日間
  「第5回 筑紫野市商工農フェスタ」にSceneも参加しました。
11/7(土) 早朝玉泉館を出て会場へ。(玉泉館に戻りお見送り)
Sceneは「筑紫野市観光協会」のブース内で・・・
  昔の二日市の写真展と カフェと 造花リース・髪飾りの販売を。
フェスタフェスタ
会場光景です♪
フェスタフェスタ
フェスタフェスタ
とても賑やかな 筑紫野市商工会主催のイベントです♪
餅まきや 飴まきなど 皆さんの手も伸びて・・・

地域のイベント参加 盛り上がってますっ♪

掲載されてましたっ!
本日の「西日本新聞朝刊」
お伝えしたいことをコンパクトにまとめていただき 感謝です。
取材当日 この画像ですが・・・
「プルミエ」橋本さんと私 当然「紫」着用ですっ♪

早速 ご予約のお電話 3名いただきました。

皆さんとご一緒に 「二日市温泉」の文化・歴史を背景に
    臨場感あるお話し 歴史ある大広間で・・・
「二日市温泉」の魅力 ご堪能いただけることと。

まだまだご予約大丈夫です♪
お待ちしております。 092-924-1885(井上)

いつもですが・・・新聞掲載は年齢がぁ〜たらーっ

反省汗 見上げてる画像 口を開け落ち着かない様子冷や汗

先日から お知らせ中の
  「久芳会長と 二日市温泉街(玉泉館)で過ごす(1泊)
    秋の夜長のおはなし会」
    
日程:11月6日(金)〜7日(土)(10:00チェックアウト)
場所:玉泉館

会場の「玉泉館」ですが・・・          
昭和11年に開催された『博多築港記念大博覧会』で潮湯として利用された建造物を 会期終了後に解体されるということを 当時のおかみさんが聞きつけられ 現場所に昭和12年に移築されたということです。
会期中161万人もの入場者を記録したと言われる この博覧会
 須崎浜埋め立て地(現・福岡競艇場からKBC放送周辺)で開催。
約73年前のことです。
 この画像 「玉泉館」本館です。当時の「延寿館」の庭からの画像です。
        玉泉館
ネット検索してましたら・・・益田啓一郎氏の「ブログ」
そのブログに今回の企画のことコメントしてましたら・・・
お忙しい中コメントをいただきました。
もしかしたら・・・当日 お見えいただけるかもですが 未だわかりません。
楽しみが増えましたっ!

さて 「玉泉館」には これまでに著名な方々がご宿泊されてます。
高浜虚子は昭和30年に。
また「白梅」というお部屋に 現皇太子殿下がお泊まりになられたそうです。
多くの俳人の方々にも愛された温泉宿 その趣は いつまでも。
変わらない風情へと・・・

まだまだ ご予約受付中ですっ!
ご予約は・・・「プルミエ」   928-3777(橋本)
      「Scene(シーン)」924-1885(井上)まで

郷土史に詳しい 久芳康紀会長(筑紫野市観光協会)
 「二日市温泉の今昔」をテーマに おはなしが・・・
秋の夜長に とっておきの企画 是非ご一緒にっ!

お待ちしております。

今日福岡ケーブルTVの取材があり 橋本さんと二人で「玉泉館」へ
無事に収録終えました。
今夜7:00〜6回の放映とのこと。
是非 ご覧下さいませ。 かなりの緊張汗 いつものことですが・・・たらーっ

約1350年前から続く 歴史ある「二日市温泉」

これまでに 温泉街の歴史・文化は継承されてきましたが
その景観は 時代とともに 様変わり。
マンションが立ち並ぶ中 温泉宿も少なくなり
このままでは 温泉街の風情までもが遠く忘れ去られるのではないかと
危惧してしまいます。
地域の財産として 近代遺産として 多くの方々に 温泉宿の魅力を
お伝えできればと考え「プルミエ」の橋本さんと主催・企画しました。

久芳会長と 二日市温泉街(玉泉館)で過ごす(1泊)
    秋の夜長のおはなし会
    
日程:11月6日(金)〜7日(土)(10:00チェックアウト)
場所:玉泉館
  夜7:00〜入館 8:30〜約1時間 夜話スタート!
     それ以降も まだまだ お話は続きますよぉ〜♪
講師:久芳康紀氏(筑紫野市観光協会 会長)
    参加費用:7,500円(ドリンク・夜食・朝食付)
       夕食は夫々済ませてきて下さい。
    定員:約40名
高濱虚子三代句碑がある 趣のある旅館です。
以前 取材したことが。その時のブログはこちらです。
ご予約は「プルミエ」928-3777・「Scene」924-1885まで。

今日は その会場「玉泉館」で 
14:00〜西日本新聞社からの取材がありました。
玉泉館玉泉館
この「大広間」なんと美しい建物でしょうか。
天井の柄は 二条城を模して描かれたとか
当日 この「大広間」で 久芳会長のおはなしが始まりますっ!
            中庭
玄関入って直ぐの中庭 いつ見ても感動の庭です。
温泉宿として 季節を感じることができる 貴重な宿です。
落ち着いた雰囲気のロビーで 当日上映するDVD「ちくしの昭和の記録」
テレビ画面で 皆さんにご覧いただきたいと予定しております。
ロビーの横には ススキが 秋の風情を伝えてくれてます。

趣ある宿 是非皆さんにも この感動を味わっていただきたいと思い
企画しました。
当日の夜食ですが・・・
筑紫野市で取り組まれてある紫プロジェクト
  筑紫野市には「紫」という地名がありますが・・・
昔「紫草」が自生していたという歴史があり その「紫草の根:紫根」
が大宰府政庁に年貢の代わりとして納められていたそうです。
紫色は当時 高貴な色として とても貴重な染料でした。
その紫プロジェクトは「二日市温泉街の活性化」にも 取り組みが。

いち早く「玉泉館」では この機会に合わせていただけることに♪
「紫の湯」と「紫のおにぎり」 チャンスですっ!
         紫
このグラスに入った紫の液体は 飲み物ではありませんよぉ〜
紫根(しこん)から出たエキスです。まもなく商品化されていくことに♪
この紫のエキスが入った温泉に入れます。
それも 夜7:00〜翌朝8:00までの間 ずーっと♪(男女入れ替わり)
それから この稲穂 ちょっと黒い感じですが・・・紫黒米です。
当日 この紫黒米入りのおにぎりをいただけることにラッキー
お味噌汁・お漬物・衣かつぎ・枝豆・かしわのから揚げ・お酒・ビール
ソフトドリンク・おつまみ・果物など 予定してます♪

ご予約お待ちしております。
新聞掲載 今から楽しみですっ!

今日は 午前中に定期のアレンジへ
アレンジアレンジ
Honda Cars 福岡 二日市支店 アンスリュームとアマンダetc
秋色に ブルーのアルストロメリアを挿して・・・

さて・・・嬉しいニュースですっ!
先日からお知らせしてます
  「久芳会長と二日市温泉(1泊)で過ごす 秋の夜長のおはなし会」
 11月6日(金) 19:00入館〜翌朝10:00(チェックアウト)
 費用:7,500円(ドリンク・朝食付) ※夕食なし(但し紫黒米のおにぎり準備)
 講師:筑紫野市観光協会会長 久芳康紀氏

会場の「玉泉館」へ 打合せに行ってきました。
         玉泉館
今日もまた 素晴らしい中庭を見れて 幸せな気分に♪
嬉しいニュースとは・・・
当日のお風呂は 入館19:00〜翌朝8:00までの間
  いつでも入れるということ(男・女 順番で)
その温泉は・・・話題の「紫の湯」です♪
「紫」をキーワードとした地域活性化を筑紫野市ではプロジェクト中です。
いち早く「玉泉館」で使用していただきたいとお願いし実現できることに♪
また 当日は「紫黒米のおにぎり」をご準備いただけることに。
益々 意義有る内容になってきました。
おはなし会の時間までには「大広間」にて 
 亡きご主人様:三條康信氏 16歳の時に作曲「二日市温泉小唄」鑑賞など
臨場感ある感動的な時間を 皆さんとご一緒に過ごしたいと計画中ですっ!
ご予約・お問合せ お待ちしております。 924-1885(井上)
私もお風呂に入らせていただきましたが 柔かい泉質 最高でした♪
皇太子殿下もお入りになったことがある由緒あるお風呂です。
古い感じがまた格別。 お勧めです♪

打合せからSceneに戻り
オーダーいただきました「花束」製作ですっ!
花束花束
「ティンカーベル」という可憐なバラ 揺れるとまたかわいいんですよぉ〜
お届けし「かわいいぃ〜♪」と喜んでいただきました。

・・・という一日に。
明日は金曜日 何も予定なしです汗
製作に励みますっ♪

昔「2」のつく日に「市」が開かれて・・・
歴史ある「二日市」 その地名の由来をいかして
今度10月17日(プレイベント) 
     二日市中央通り商店街を中心に開催されます。
主催:NPO法人「ほっと二日市」

いつも拝見している「手作り帽子のくろきブログ」
  西日本新聞の朝刊に掲載されますよぉ〜 を見て
  早速ポストへジョギング

出てましたっ!
         くろきさん
「市」ののぼり 100本立つとかびっくり
意気込みが違いますっ!
「ほっと二日市」のメンバーの方が中心になって 地域活性化活動を拍手

こののぼりをもってある方が 「くろきさん」です♪

積極的に関わってある姿 いつも憧れてますポッ

10月17日〜18日 「二日市」面白いですよぉ〜♪

・・・おでかけ情報でした♪

今から 定期のアレンジいけこみへ
帰りは その「二日市中央通り商店街」を通るのですが・・・
嬉しいですねぇ〜♪ 

8月18日から 2Fスペースに・・・
「プルミエ」と「Scene」のコラボ展開♪

毎月1回 出張レッスンに出かけてます(博多区)
  (株)九州日立ソリューションズFLOWER部の皆さん ようこそっ!です。
レッスンレッスン
「プルミエ」でディナーをいただき その後レッスンをっ♪
ディナー付きアレンジレッスン 今日のテーマ:ハロウィーン
テナというアンスリューム なんだか よぉ〜く見るとオバケみたいに
かわいい おもちゃかぼちゃをオアシスに挿して・・・
パスタ系のガーベラ・ドラセナ・ケイトウ・レウカ・カンガルーポーetc

さぁ〜皆さんの作品ですっ!
作品作品
作品作品
毎月1回のレッスン 毎回楽しみですっ♪
「今日 仕事だったこと忘れるくらい 楽しかったです!」と
  嬉しいお言葉をいただきました♪ 

Sceneでは 出張レッスン または 「プルミエ」でのお食事付レッスン
気軽にお問合せくださいませ。
ご予算に合わせて ランチ付でも Coffee付でも 楽しい時間をご一緒に♪
お問合せは・・・092-924-1885へケータイ

どこでも行きますよぉ〜ジョギング

毎月第2・第4火曜日 14:00〜「博多織献上館」にて
レッスンレッスン
博多織に使用する道具などを使ったフラワーアレンジレッスン
今日は その日ですっ♪

「絹糸」を使用したフラワーデザイン(生花)・・・
レッスンレッスン
青いアルストロメリア 白いユリ・ オレンジのSバラ キイチゴの葉
ちらりと見える絹の光沢 いい感じに完成ですっ!

ここ「博多織献上館」には 博多織の他にも 楽しい和テイストの雑貨や
袋もの 足袋 銀細工 ステンドガラス商品など 
見ているだけでも楽しくなってきます。

それに 館長・受付スタッフの方々も とっても楽しい会話を♪

「筑紫野市」に こんな素敵な場所があったなんてぇ〜と 驚かれてます。

次回は 10月27日(火曜日)14:00〜「博多織献上館1F」
ご予約お待ちしております。
クラシックを聞きながら リフレッシュできる そんなレッスンですっ♪
  費用:3,800円(花材代・レッスン代)

さて・・・Sceneでも 午前中にレッスンを。
テーマ:トライアンギュラー(コサージュ) 生花使用。
            レッスン
生花のワイヤリング 保水 テーピングを習得
まとめ方 ガーランドの作り方など 
いつものアレンジのレッスンよりは時間がかかりますが
いつの日か きっと役に立つことが♪ 実用的なコサージュレッスンです♪

さぁ〜 明日は 福岡花市場へ生花の仕入れに
20:00〜Sceneで アレンジレッスンです♪
どんな花との出会いがあるのか 今から楽しみですっ!

さぁ〜 初めての試み「久芳会長と ゆっくり歩く れきし散歩道」
  スタートです!
身近な歴史をお伝えするきっかけとして 久芳康紀会長(筑紫野市観光協会)
にご相談。 
会長より「命ある限り語りましょう」とおっしゃっていただき実現へ。
「二日市」という地名ブランドをいかした展開の一環として
ボランティア活動を行っております。

では・・・始まりです! いざっ!
集合場所:西鉄二日市駅西口階段下 駅の歴史や構内敷地の歴史など・・・
西鉄二日市駅入船
右:「入船」地名からも想像がつきますが・・・かつて運河として利用
川がもたらした恩恵 また変貌する景観から歴史保全の意味も。
ここに「運河」としての歴史などを伝える表示板などあれば
 ・・・といつも願ってます。
歴史的な事実を継承するのに 表示板 必須かと。
くお吏二日市中央通り
左:現在の「くお吏」昔 旅館があったところ。名称も変わり・・・
その面影はありませんが 由緒ある旅館(橋本屋旅館)とのことです。
右:二日市中央通り商店街(宿場町) 大賀酒造前 
L字型の通りは宿場特有のもの
   御茶屋(本陣)に泊まった大名などを警護するためとのこと。

以前 二日市宿場町に関してのお話が・・・

ほっと二日市二日市八幡宮
左:現在の二日市中央通り商店街の中央付近にある「ほっと二日市」
こちらで 休憩・トイレ 利用させていただきました。
地域活性化活動の本拠地として頑張ってあります。
近く実施されるイベントのチラシを皆さんへ
右:二日市八幡宮境内の 銀杏の木
久芳会長に 巨大な銀杏の木の前に立っていただき撮影を。
歴史ある八幡宮です。
栄町交差点野口雨情
左:栄町交差点 旧3号線を渡って・・・JR二日市駅へ
  この辺りには 昔 肉屋があったそうです。
右:JR二日市駅前 野口雨情歌碑前で解説中 
  駅長をされてた佐藤栄作元首相の話。
  当時の県会議員「谷彦一氏」が
     現在のJR二日市駅前の土地を寄付されるなど。
DVD鑑賞どじょうの話
左:JR二日市駅構内の待合室にて「ちくしの昭和の記録」DVD鑑賞を。
  これから廻る 二日市温泉街など 興味津々。
ここでお二人の方が加わり 主催者含め 全員16名 揃いました。
右:JR鹿児島線を渡り 大鳥居へ向かう途中の川の合流点にて
  会長より「ここでよく どじょうを取っていたんですよ」と。
  当時 繭の製糸工場から流れるさなぎなどに どじょうが群がって・・・
  会長のお話しを聞きながら 当時の情景 浮かんできます。
また この辺りには 魚市場や国鉄職員の宿舎などもあったとのこと
 佐藤栄作元首相の奥様が よく白いエプロンをつけてカレーとか
 駅までお届けされる光景が。今では住宅街・マンションが立ち並んで。
大鳥居湯町温泉街
左:大鳥居をくぐって・・・
右:二日市温泉街 現在の道路の下には川が流れて
  何度も繰り返された 水害・火災 
  どんな状況になろうとも ここには文化・歴史が歴然と。
  温泉の名称も約18くらい変わったとか。
御前湯
左:御前湯 昔は道路の反対側にあったそうです。
  ここには 夏目漱石の句碑 明治29年に訪れた際に詠まれた一句。
  「温泉(ゆ)のまちや 踊ると見えて さんざめく」
それから少し歩いて・・・ 
 作者:大伴旅人
 「湯の原に 鳴く葦田鶴は わがごとく 妹に恋ふれや 時わかず鳴く」
右:湯町東峰マンション二日市響阿硫糧
  作者:三条西秀知 
  「けふここに 湯あみをすれば むらきもの
      こころのあかも のこらざりけり」
歌碑菅原道真
左:天拝公園へ向かう途中 池上池畔
  作者:四条隆謌 
  「青山白水映紅楓 楽夫天命復何疑」
右:紫藤の滝 左側にある歌碑
  大宰府に左遷された菅原道真の「菅家後集」冒頭
  「離家三四月 落涙百千行 万事皆如夢 時々仰彼蒼」
訳:故郷を離れて数ヶ月。とめどなく涙が頬をつたう。
 全ては夢と思うほかなく、今は天を仰いで我が身の運命を訴えるだけだ。
開運の道開運の道
天拝山のふもとに・・・
菅原道真公が登られた道が整備され「天神さまの径(こみち)」「開運の道」
という2コースがあります。
その「開運の道」今年 筑紫野市観光協会50周年の記念事業として10箇所に
歌碑を建立。
起点:「寝ても又 覚めても辛き 世の中に 有る甲斐もなき 我住居哉」
四合目:「薫くままに 霞の衣 重ね着て 花の紐をば いつか解べく」
全国的にも このような道しるべ 珍しいとのこと。
  今 何合目にいるのか 解り易いですよね。
紫藤の滝御自作天満宮
左:紫藤の滝
  滝の前にある鳥居 一度なくなったものを取り戻し
  神聖な場所として景観維持。多くのご有志の方々により現在が。
もしこの鳥居がなければ・・・
 今頃 散歩犬の水飲み場か遊び場になっていたかもしれません。
 歴史的な景観維持 積極的な働きにより実現できているんですねぇ。
右:御自作天満宮
  天拝山頂天満宮分社の遥拝所。
  菅原道真公が自らの姿を刻んだと伝わる像が安置されています。
九州最古の寺として有名な 武蔵寺へ
  入口門や階段登り石など 多くの有志の方々により 景観維持されて
ここ 筑紫野市にある歴史・文化の継承は・・・
  多くの方々の寄付やご協力によって 維持されてきたこと
  当たり前に見てきた風景 大切な景観へと。

バスアラスカ
さぁ〜 随分と歩いて 皆さん お腹もすいてきて・・・
今日のランチ:「アラスカ」より 送迎バス 登場ですっ♪
森の中のレストラン 知る人ぞ知る♪人気レストランですモグモグ
自然の中でのランチ お話しも弾んできます。
参加者の方々 20代〜88歳まで 話題も豊富です♪
ランチランチ
ランチランチ
メニューは 前菜・サラダ・パンorライス・メイン・デザート・珈琲or紅茶
参加者の方から「会費 オーバーするんじゃないですか?」と
  心配していただけるほど ご満足コースでした♪
 スープの色 紫色で 紫芋とバナナのスープだったんですが
 これが めちゃめちゃ美味しかったですよぉ〜ラッキー
お食事も終わり アラスカで解散です。
お一人天拝山目指して。 他の方はアラスカの送迎バスで西鉄二日市駅へ
歌碑ハーモニカ
途中のバスの中から・・・
アラスカを出て 入口付近に
  作者:立花秋水
  「鶯や 破るる夢も 惜しからす」
  「温泉に通ふ 下駄と雲雀の 声高し」
  自然味あふれる古い湯町を詠んだ2句です。
西鉄二日市駅まで ちょっと時間が
 バスの中では 会長のハーモニカ演奏♪
 400〜500曲 頭の中に 楽譜なしで即興ですびっくり
 曲が終わるたびに「この曲はシューベルトの子守唄です」と説明が・・・
 皆さん 1曲1曲 曲が終わると拍手拍手 楽しいひと時♪

さぁ〜 9:00〜始まった この企画
 「二日市」をご堪能いただけましたでしょうか?
初めての試みでしたが 「二日市」のご案内
「WELCOME TO 二日市」のおもてなしの心でご案内させていただきました。
中には 11月6日に予定してます企画 早速ご予約を♪ 

ご縁に感謝ですっ! 楽しい時間 ご一緒でき
また「二日市」の観光ルート 実現可能であること 確認できました。
今日のコースに お泊り:二日市温泉を含めば ご堪能コースとして。
でも 久芳会長の解説があるからこそ ご堪能に。
単に景観鑑賞だけでは 満足いくコース実現は難しいと感じました。
歴史を伝えながらの散策コース 歴史・文化継承の大切さ 感じました。
でも ご安心ください。筑紫野市には 会長の外にも解説委員の方々が♪
解説付のご案内をご希望の方は 筑紫野市観光協会へお問合せを。

「二日市」は交通の要衝
半日あれば 気軽に楽しめるコース たくさん企画出来そうです!

これからも 機会あれば このような企画・実施 やりたいですねぇ〜♪

一 観光者としての視点 「二日市」面白いです! これ結論です。


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM